Home> 福島県・桜の札所 >八番 南湖公園

 南湖公園は、十二代白河藩主・松平定信が享和元年(1801年)、身分の差を超えて誰もが憩える「士民共楽」の理念のもと、庭園の要素を取り入れて築造した日本最古と言われる公園。
 南湖神社境内にある樹齢推定200年のベニシダレザクラは、「楽翁桜(らくおうざくら)」と呼ばれ、松平定信が南湖を築造したときに植えられたと伝わる。湖畔を彩る約800本の桜風景は実に見事である。


※画面右下の歯車マークをクリックし、1080Pを選択すると最高画質でご覧いただけます。

桜の場所 福島県白河市菅生舘2
桜の種類 ソメイヨシノ、ベニシダレザクラなど
桜の本数 約800本
見ごろ 4月中旬~下旬
交通・電車 東北新幹線新白河駅よりバスで約10分
交通・車 東北自動車道白河ICより約15分
駐車場 あり・無料
問い合わせ 0248-22-1147(財団法人白河観光物産協会)
ホームページ http://shirakawa315.com

周辺MAP