Home> 秋田県・桜の札所 > 七十一番 桧木内川堤

 桧木内川の古城橋から内川橋を越えた先まで、左岸2キロにわたって見事なソメイヨシノの桜並木が続く。桜は昭和9年(1934年)に現天皇陛下御誕生記念として植えられたもので、その後、国の名勝に指定された。
 伸び伸びと枝を広げる大木が多く、樹齢80年に迫る古木もある。手入れが良いため花つきも良く、春の満開時には花のトンネルと呼ぶにふさわしい風景が楽しめる。

桜の場所 秋田県仙北市角館町北野、小勝田中川原
桜の種類 ソメイヨシノ
桜の本数 約400本
見ごろ 4月中旬~5月上旬
交通・電車 秋田新幹線角館駅から徒歩約15分
交通・車 秋田自動車道大曲ICから約30分(桜まつり期間中は町内で交通規制あり)
駐車場 1500台(町内一円)・1日500円~
問い合わせ 0187-43-3352(仙北市観光課)
0187-54-2700(仙北市観光情報センター「角館駅前蔵」)
ホームページ http://www.city.semboku.akita.jp

周辺MAP