Home> 秋田県・桜の札所 > 六十九番 真人公園

 真人公園は、大正6年(1917年)に、大正天皇即位記念事業として整備された。設計は、日比谷公園(東京都)や千秋公園などの設計を手がけた、造園技術の第一人者で、祖庭といわれている長岡安平氏によるもの。
 園内では、桜、梅、アヤメやツツジなど四季の風景を楽しむことができる。特に、ソメイヨシノやヤマザクラなど2000本が咲き誇る姿は圧巻だ。

桜の場所 秋田県横手市増田町亀田字上掵81
桜の種類 ソメイヨシノほか
桜の本数 約2000本
見ごろ 4月下旬~5月上旬
交通・電車 奥羽本線十文字駅からバスで約15分
交通・車 秋田自動車道十文字ICから10分
駐車場 250台・無料
問い合わせ 0182-45-5311(増田町観光協会)
ホームページ http://park20.wakwak.com/~kanko-masuda

周辺MAP