Home> 岩手県・桜の札所 > 五十五番 北上展勝地

 北上展勝地は「みちのく三大桜」にも数えられている桜の名所で、150種約1万本の桜が咲き誇る。展望が素晴らしい名勝・景勝の地という意味でこの名がついた。
 一番の見どころは、北上川沿いの桜並木。大正9年(1920年)から植樹され、いまでは大きく枝を広げるソメイヨシノの古木が、春の訪れとともに、北上川沿いの土手2キロにわたって桜のトンネルになる。


※画面右下の歯車マークをクリックし、1080Pを選択すると最高画質でご覧いただけます。

桜の場所 岩手県北上市立花地内
桜の種類 ソメイヨシノ、ベニヤマザクラ、サトザクラほか
桜の本数 並木道約500本、公園全体で約1万本
見ごろ 4月中旬~下旬
交通・電車 東北新幹線、東北本線北上駅からバス・車で約12分(渋滞時30分)
交通・車 東北自動車道北上江釣子インターから約15分(渋滞時1時間)
駐車場 530台・協力金300円(1回)
問い合わせ 0197-65-0300(北上観光協会)
ホームページ http://www.kitakami.ne.jp/~ksa

周辺MAP