Home> 岩手県・桜の札所 > 五十二番 厳美渓

 国の名勝・天然記念物に指定された「厳美渓」は、栗駒山を水源とする磐井川の急流が巨岩を浸食して創り出した、2㎞にわたって続くダイナミックな渓谷である。ソメイヨシノとエドヒガンなど約200本の桜が景勝地の春を優しく彩る。この地を気に入った伊達政宗が命じて植えたと伝わる古木のエドヒガンは、政宗の諡をとり「貞山桜」と呼ばれている。

桜の場所 岩手県一関市厳美町字滝ノ上地内
桜の種類 ソメイヨシノ、エドヒガンザクラ
桜の本数 約200本/国指定天然記念物
見ごろ 4月下旬~5月上旬
交通・電車 東北新幹線一ノ関駅からバス20分
交通・車 東北自動車道一関ICから10分
駐車場 約50台・無料
問い合わせ 0191-23-2350(一関観光協会)
0191-21-8413(一関市商業観光課)
ホームページ http://www.ichitabi.jp

周辺MAP