東北夢の桜街道

宮城県

28番 佐々木酒造店(ささきしゅぞうてん)

生きる喜び、感謝の気持ちに溢れた、港町「閖上(ゆりあげ)」の酒

東北酒蔵街道

貯蔵タンク、出荷前の瓶ケース、ダンボール箱などが所狭しと並ぶ体育館のような空間のなかに、小さく仕切られた部屋が麹室であると聞き、正直驚いた。ここで酒造りをしているのか。名取市復興工業団地内のB区画が、「宝船 浪の音」を代表銘柄とする、創業明治4年の造り蔵元、佐々木酒造店の現在所在地である。若き30代の佐々木兄弟が率いるこの蔵は、兄の洋専務、弟の淳平杜氏を頭に、5人の蔵人で、100年以上にわたって受け継がれてきた造り蔵元の魂と、南部杜氏の洗練された技を絶やすことなく、未来へ繋げている。「迷うことなく、突き進むしかない」という兄である洋さんの言葉には、津波により甚大な被害を受けた、名取市閖上地区の復興への確かな決意が感じられた。

東北酒蔵街道 東北酒蔵街道 東北酒蔵街道
漁師町、港町の閖上は、新鮮な魚介類には事欠かない。なかでも、閖上の活赤貝は有名だ。蔵から車で10分ほど行き、佐々木酒造店の販売店舗がある閖上さいかい市場で、運よくその活赤貝たっぷりの海鮮丼を食べることができた。「純米酒 宝船 浪の音」、「純米酒 閖」はもちろん、ちょっと贅沢に「純米大吟醸 浪庵」と合わせたら、この最高の活赤貝の味わいが、天井知らずの味わいになるはずだ。いやいや「本醸造 宝船 浪の音」のぬる燗もいけるかもしれない。「飲んで、生きる喜びを感じられるお酒を造りたい」と言う、兄の洋専務の言葉どおり、佐々木ブラザーズが醸す日本酒の味わいは、生命に感謝し、その喜びを仲間と共に分かち合う、喜びに溢れている。
【*仮設店舗:宮城県名取市美田園7-1-1-E4(閖上さいかい市場内/仙台空港アクセス鉄道美田園駅から徒歩7分)】
手島)
銘柄「宝船浪の音」は絶えること無く聞こえ続ける浪の音に由来。
地元の米、水、肴に拘った美味しい酒を造り続けます。
所在地
宮城県名取市下余田字中荷440-1-B(名取市復興工業団地内)
地図で確認する
交通機関
JR東北本線名取駅からバスで10分
電話番号
022-398-8596
FAX番号
022-398-8511
ホームページ
http://housen-naminooto.com/
酒蔵見学
通年 10:00~11:30、13:00~17:00
※毎週水曜日除く
試飲
無料
(全6種類:蛇の目猪口(小)で一杯程度まで)
店頭販売
全種類
新酒発売予定
12月上旬頃
推薦銘柄
純米酒 閖(ゆり) / 純米吟醸 玲瓏(れいろう)
/ 純米大吟醸 浪庵(ろあん)
蔵限定商品
無濾過生 純米吟醸 玲瓏
袋取り無漏過純米大吟醸 浪庵
日本酒以外の限定品
吟醸酒粕
(閖上さいかい市場内の仮設店舗にて)
駐車場
有/10台
トイレ
男女別
ページの先頭へ